NPO九州ラーメン党




















そよかぜ福祉作業所  



熊本豚骨ラーメン1セット 送料込み3000円

 (収益金は、倒壊したそよかぜ福祉作業所建物再建費用に充当いたします)
※熊本豚骨ラーメン1セット(6人前スープ付き・2人前3袋入り)
 半生手延べ麺、保存期間3か月、製造販売・そよかぜ福祉作業所 
 販売期間-2016.6.18〜2017.3.31
※支払い方法(到着後後払い)・商品に郵便振替用紙同封します。
※お申込みは、ラーメンセット数、〒、住所、氏名、電話番号を→
 手作り麺ですので到着まで10日〜20日要しますことご了承ください。
 (NPO九州ラーメン党 代表 濱田龍郎)

支援金送付先
  郵便振替 口座番号:01940−1−59572 
  加入者名:ボランティアバンク

支援物資送り先
 861-2235 熊本県上益城郡益城町福富772  
   NPO九州ラーメン党 (096)287-8223  送料送り主負担ご了承くださいませ。
  濱田龍郎ケイタイ 090-8402-2164



作業所概要
名称 ・就労継続支援B型 そよかぜ福祉作業所
    地域活動支援センター そよかぜ福祉作業所
    (代表・濱田龍郎)
所在地・ 熊本県上益城郡益城町福富772番地
電  話 (096)287-8223  FAX (096)287-8230
作業内容 外販: 弁当、惣菜、野菜販売、イベント出向(ラーメンなど)
製造 ・自家製パン、クッキー、さをり製品、アート素材
※販売した益金は、利用者の工賃として支払われます。

    
 作業所のみんなはイベント大好きです。


そよかぜ福祉作業所について
1999年(平成11年)に九州ラーメン党がNPO法人として認可された年に
メンバーが提供してくれた空家を改装して通所型の作業所「そよかぜ福祉
作業所」を発足させました。
障害等をもつ人に少しでも社会参加してもらいたいのと自立支援を目的に、
作業所で製造した、弁当、惣菜、自家菜園野菜、自家製パン、クッキー、
コーヒーなどを障害者とともに販売しています。
障害等をもつ人が自分の好きな時間に作業所に来て、できる仕事を可能な
限りがんばって、給料をもらい社会に参加している喜びを感じて、自立へと
向かってもらいたいのと、みんなの笑顔を見たいというのが方針です。

■そよかぜ福祉作業所沿革  
1992年(平成4年)12月「ボランティア仲間九州ラーメン党」を結成した
同会が会の方針として、障害をもつ方の自宅や作業所に出向き、
支援する活動を開始。
1996年 (平成8年) 3月 九州ラーメン党作業所」を開所する。
きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)加盟。
1999年 (平成11年)4月 母体の九州ラーメン党がNPO法人設立
(熊本県における認証第1号)
2000年(平成12年)1月 益城町福富772に「そよかぜ福祉作業所」開所
2003年(平成15年) 3月 きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)加盟。  
2003年(平成15年) 4月 益城町・熊本県の補助金対象作業所となる。  
2006年(平成18年)10月 そよかぜ福祉作業所が町の委託事業
(地域活動支援センター)となる。
2010年(平成22年) 3月 福祉製品販売所「そよかぜショップ」甲佐町にオープン。
2010年(平成22年) 4月 そよかぜ福祉作業所が県指定の就労継続支援B型
そよかぜ福祉作業所となる。(地域活動支援センター併設)

inserted by FC2 system